一歩前進…ゆっくり歩む

2007年05月

僻地入学を受け入れ、きめ細やかな教育で注目されている「東旭川第5小学校・桜岡中学校」の隣接地に素朴で暖かくお洒落な喫茶店をみ~つけた。・・・

イメージ 6

イメージ 8


https://livedoor.blogimg.jp/ruiriragaki3066/imgs/9/4/943d6f4d.jpg5月も末なのに喫茶店の中ではストーブが赤々と燃えまきのはじける音とともにゆっくりと時間が流れて行く。
喫茶室のテーブルは昔何処の家庭でもあった足踏みミシンの下の部分でそれを彩りよくペンキで塗り上げているのがなんともお洒落っぽい。https://livedoor.blogimg.jp/ruiriragaki3066/imgs/b/f/bfbfc5f0.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ruiriragaki3066/imgs/7/4/748f7d0d.jpgとても辛いライスカレーであったが、そのはずでシェフはスリランカ出身で、この土地が気に入って若い日本人の奥さんと女の子がいるとか・・いづれは近くでお店を持つことを希望しているとか・・
オープン間もないのでまだ完全ではないのだが、二階は海外からゲットする自然素材の衣料品をおく予定で準備中・・・https://livedoor.blogimg.jp/ruiriragaki3066/imgs/1/0/103336c1.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/ruiriragaki3066/imgs/6/7/670015a6.jpg一番心引かれたのは賢い黒のラブラドールレトリバーのワンちゃんが看板犬の役目を見事にこなしていたことだ。
ワンちゃんの名前を失念してしまったのが返す返すも残念だが、きちんとお出迎え、お見送りをしていた。(シェフとワンちゃんが私どもに手を振ってくれた。)https://livedoor.blogimg.jp/ruiriragaki3066/imgs/1/f/1fc8f015.jpg

みんなの祈りが天にとどいた!!


イメージ 5



天気予報では雨のち曇り、もし当日運動会が出来たとしてもグランドコンデションが悪く、あるいは寒さに震えながらを誰もが予想・・デモでも晴れた。
気温は一寸低めだがしかしグランドで競技する子供たちは快適なムード。校長先生の挨拶は昨晩から今朝まで心配でと言われたが、旭川の40校の小学校の子供たちと先生と親と祖父母と関係するみんなの願が天に届いた。

孫の小学校で運動会が開催。孫は紅組・・小学2年生・・リレーの選手に選ばれ、1週間朝練にはげみ、{頑張るからね、応援に来てね}と・・私達祖父母も燃えた。


イメージ 1

日本ハムファイターズの稲葉が大好きな孫は背番号41番のTシャツを着て。

イメージ 2

応援合戦もさわやかに激しく・・紅組のリーダーは6年生の女子であった。

イメージ 4

リレー選手がグランド一周するのだが、応援に忙しくシャッターチャンスをにがしてしまった。

イメージ 3

紅白リレー(1年~3年までのリレー)は紅組の勝利で又点数が加算された。

プログラム午前の部は、1年~6年まで全校生徒による大玉ころがし。これも紅組の勝利で孫は得意満面、低学年のため午前中で出番は全て終了。

孫の応援に行き月日の流れ~~。自分の子育ての時期と様変わりしていると耳にする教育現場~~。
しかし、本質は昔と大差ない親と子と先生方の暖かい交流が感じられとても楽しい時間であった。

イメージ 6

イメージ 10

大好きでとても尊敬していた先輩保護司のT先生が亡くなられて49日の前にお世話になった仲間で
先生のお宅を訪問。東旭川桜岡⇒丁度動物園の東側で広大な山林や原野が広がっている。 
  
先生はこの土地をこよなく愛し、10数年かけて自分と奥様の力で開拓し、たくさんの樹木を植林し
花を育て小動物を飼い、素晴らしい環境を築きつつあった。

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3

イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6

イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9

チューリップ公園


輸出用作物としてチューリップ球根が栽培されていた上湧別町であったが昭和40年代オランダの球根が世界市場で値下げされて・・・
栽培は衰退して行ったのだが、町民の愛着が深く当時老人農園だった現在地にチューリップを愛するお年寄りが植え始めそして育てて・・・
今は7ヘクタールの土地に120品種・120万本の色とりどりの花が鮮やかに咲き誇り国道を通過する人々の注目を集めている。
昭和63年より町立の「チューリップ公園」の指定の元に花の販売や球根の予約などを手がけ観光客でにぎわっている。


イメージ 1 イメージ 2


イメージ 3 イメージ 4

このページのトップヘ