一歩前進…ゆっくり歩む

2008年02月

イメージ 1

イメージ 2
私が二十歳になった祝いに今は亡き母が
雛人形を買ってくれた。
其れが私の嫁入り道具の一つになった。
娘が生まれてその雛人形をそのまま娘に
ゆずったのだが、その娘も結婚し女の子に
恵まれた。

私は孫に新しい雛人形をプレゼント
しようと考えたのだが・・
娘は迷うことなく私から譲られた雛人形を飾った。
その孫娘も5歳になり今年はパパにひな壇を イメージ 3
組み立ててもらい、小学生のお兄ちゃんに
手伝ってもらい飾りつけたので!
「バッタン観に来て」と電話が入った。

お兄ちゃんと二人で飾り付けたので、お内裏様の冠や
五人ばやしの柄帽子等お道具類は良く分らなかったと・・

半世紀近くもたった雛人形も孫に飾ってもらい
輝いていた。

イメージ 2イメージ 1

旭川買物公園は全国に先駆け昭和40年前半に全ての車をシャットアウトして

買物をゆっくり楽しもうと公園化した。

当時は特色のある彫刻が色々あった。

中でも4条に「手」の噴水が代表的であったが・・

何時の頃からか黒人がサックスを吹き猫がジッと耳をすます彫像にかわった。

これが季節ごとに誰が着せるのかマフラーや、猫の衣装がかわる。


観光客や市民に人気がある彫像とhttps://livedoor.blogimg.jp/ruiriragaki3066/imgs/d/c/dc1aa36b.gif4条を中心に買物公園を歩いてみた。
買物公園に春を探してみたのだがhttps://livedoor.blogimg.jp/ruiriragaki3066/imgs/8/0/8027378e.gif彩りある{花}と思ったらすべて人工的なクラフトの花であったのだが・・・{花一杯!}の店頭はかすかに春が・・・

http://sky.geocities.jp/dibityan2006/tennsi.swf
孫のりらちゃんが通園する天使幼稚園で発表会があるので、「きてください」と案内が届いた。じったん、ばったんは喜んでお出かけする。


イメージ 2

年中組みのりらちゃんはうた「まあるいいのち」とオペレッタ{白雪姫}りらちゃんの役は4人の白雪姫の一人である。小人さんも、森の動物もみんな白雪姫の味方なのだが、魔法使いのりんごで眠りについた白雪姫を隣の国の王子様が助けてくれる・・・それぞれに熱演である

イメージ 1

イメージ 3

年長さんの表情は、まもなく小学生。きりっとしまってかっこよい。歌も「ともだちになるために」を手話を使いながら32人の子供たちがうたいあげて、観客のぱぱ、まま、おじいちゃん、おばあちゃんに感動を与えてくれた。最後の締めくくりは子供たち人気の「よさこい」で締めくくった。孫の成長を眼にして、夫も私も満足であった。

今年は春が遅い。                            イメージ 1

北海道だけでなく本州でも時々

雪の便りが入ってくるが・・・

先日、郊外に車を走らせてみた。

朝6時の気温はマイナス10℃前後

午前10時過ぎなのに

すっきりと立っている樹木が

樹氷の花を咲かせて、

ダイヤモンドダストがキラキラと光る。

ひやっとした空気とともに幻想的な美しい景色である。
   
イメージ 3

そんな寒い日々の中、温かい心と春の香りたくさんの金柑が届いた。送り主は敬愛するM先輩だ。

昨年も頂き始めて口にしてみたのだが鹿児島ブランド「きんかん春姫」はくせになる味だ。

新鮮さが皮膚に染み渡りフレッシュで、血流がさらさらになるような気がする。早速息子一家に送り

娘一家に届けようと・・・・有り難う先輩ご夫妻・・・

イメージ 5
一寸遊んでみました。イラスト加工すると・・・
イメージ 2

昨年戴いた金柑を糖蜜につけて一年。又味は格別。

本日の夕食デザートに餡白玉に金柑が一個彩りよくのって・・あぁ~おいしかった。
イメージ 6
イメージ 4

第49回旭川冬祭り・・氷像

イメージ 1

イメージ 2

カムイミンタラ2008-雪・氷・あかりと題した大氷像が常磐公園Bステージである。
雪あかり、氷彫刻ゾーン、製作体験ゾーンやアイスカフェなどが出来ている。
一方平和通り買物公園会場では氷彫刻世界大会が開かれ宮下通り~8条通りまで
35基の氷像が繊細な輝きを放っている。夜ライトアップされると見事な眺めなのだが・・・ 5日間で訪れた観光客と入場者が100万6千人を超えたということだ。

イメージ 3

このページのトップヘ