一歩前進…ゆっくり歩む

2008年07月

イメージ 1

我が家の紫陽花は今が盛りです。体のメンテナンスと心を鍛える為に一か月ほど囚われの身になりますので、ブログ おやすみします 。

ぜるぶの丘

イメージ 2

イメージ 4

ぜるぶの丘は国道237号線に面してあり、旭川から美瑛方面に向って最初の
美しい景観が飛び込んでくる。ぜるぶの名前の由来は
かぜ=ぜ かおる=る あそぶ=ぶ をとりぜるぶの丘と名づけたということだ。

ニングルテラス

イメージ 3

ニングルテラスは富良野プリンスホテルのすぐ傍駐車場横から森の中に入る。
10数店個性的なお店が点々と並び、芸術的な作品や手作りのクラフトなど、
{北の国から}のテレビドラマそのままの雰囲気で、まるでニングルがひそやかに
息づいているような錯覚を覚える。

新榮の丘
http://sky.geocities.jp/dibityan2006/sinei.swf
イメージ 1

新榮の丘は素朴なたたずまいの丘陵地帯で広々とした眺めは
晴天であったらと曇天雨模様がとても残念であった。

上富良野富田ファーム 美瑛四季彩の丘


イメージ 1

イメージ 5

イメージ 3

所属しているpcグループの日帰りバスツアーに誘われて参加した。

「普段の行い」が悪い人が沢山いたのだろう・・

ひどい雨降りで、バスの中では小降りでほっとするが、

デジカメ撮影スポットに着くと本降りで、雄大な景色も美しい花々もモヤッ~と雨の中。

でも連日の暑さと日照で息絶え絶えであった植物は、生き返ったように瑞々しい様子。

そんな中でも、ラベンダーを求めて上富良野富田ファームではツァー客が

四季彩の丘では観光客がガイドさんの説明にうなずいていた。(音楽はTimさんより頂きました)


イメージ 2

イメージ 4


旭山動物園で啓発活動



イメージ 4
北海道で一番気温が高く32℃を記録した6日の旭川・・
旭山動物園で保護司活動の一環として社会を明るくする啓発運動を行った。
テイシュを配り、メモ用紙とボールペンを来場者に手渡したのだが
全員汗びっしょりで1時間ほどの活動が大変であった。
岡山から来たという3人組のご夫人は北海道がこんなに暑いとはと驚いていた。


イメージ 5

その暑さの中、旭山トラ夫くんと旭山ペン太くんのネームをつけてトラのぬいぐるみ
ペンギンのぬいぐるみを着た若人も社明運動の一躍をになってくれた。
イメージ 3

{しまじろう}と小さなお客さんの歓声をあびていたトラ夫くん
イメージ 2


イメージ 1

終了後汗だくで素顔をみせてくれたお二人に!
ありがとう!

立川こまち届く
イメージ 1

イメージ 3栄養士の先輩より調理師の夫に立川こまちと
名づけられたうどが届いた。
白い素肌の東京独活は灰汁が無く千切りでサラダ風に食べても美味しい。
早速ムニュエルの付けあわせに・・
そしてキンピラとつくってくれた。
同封してあったレシピをみながら
いろいろ挑戦してくれるという調理師の夫に・・
旬の味覚を送ってくださった栄養士の先輩に・・
多大な感謝の気持ちを込めて!
満足なわ・た・く・し\(~o~)/

イメージ 2

このページのトップヘ