一歩前進…ゆっくり歩む

2010年05月

イメージ 1
5月30日旭川市の小学校の半数が
      運動会を挙行した
 
娘一家の孫たちが通学する近文小学校でも午前八時半~
晴天の下運動会が行われた。
 
       近文小学校の運動会テーマは
  つき進め!汗と感動の勝利めざして!!
 
 
  小学校2年生になったりらちゃん、お兄ちゃんは5年生である。
 運動が得意な二人なので今年も二人は紅白リレーの選手で有る 。りらちゃんは白組・おにいちゃんは赤組
今年もばったんは赤を応援したり、白を応援したりと忙しい。
 
 
 
イメージ 2
りらちゃんから運動会のプログラムを送ってきた時
ばったん「2年生の女の子でタイムが一番私はいいんだよ」と自信満々!
「ほんとうかなぁ?」と・・・・さすがに早いダントツで一番!
 
イメージ 3
5年生はさすが高学年みんなそれぞれに
かかり活動が決まっているらしく、おにいちゃんは審判係りとして
全ての個人競技に友人とグランドに出てお世話していた。
その合間に5年生の競技や徒競走団体ととっても忙しそうだった。
 
イメージ 4
午前の部最後は全校生徒による ~心一つに~ 大玉おくり
赤が勝利でようやく白組と同点になった。
 
 
 
イメージ 5
 
 孫たちのパパ・ママ両方の爺・婆も駆けつけて・・・
声援しながら健やかに成長している孫たちと・・・
お互いに喜びを深め合った。
 
イメージ 6
 
   午前中は白組が優勢であったが午後から高学年選手リレーで
赤組が勝ち、結果は今年は赤組の優勝となった。
閉会式最後まで見学したのだが・・・
5~6年生が低学年をリードして見事に運動会を成功させたようだ。
 
お天気も味方したのだろうが・・・
今時の小学校教育はす・て・き・だ・・・」と思った。

 
イメージ 4
 
 
我が家の小さな庭につつじが満開で蓮華つつじ
白つつじ・ピンク・黄色のつつじもつぼみがふくらんできた。
数十年前、小さな苗木であったがそれぞれに
思い出があり歴史がある。
きちんと手入れもせず、肥料もあげないのに
風雪に耐えて今見事に花を咲かせている
 
イメージ 1
    この蓮華つつじは親しかった友人Nさん宅が新築する時
お庭をつぶすので・・・・・
 上げるといわれて我が家に来た。
 
 
イメージ 2
 
白いつつじは息子が中学生のとき夫と温根湯に出かけた折に
求めたもので、当時10代であった長男も今は40代である。
 
  
イメージ 3
ピンクのつつじは夫の先輩に当たるT氏から頂いたものだが、
そのT氏も亡くなってもう10数年はすぎてしまった。
 
   
 
 
 
か弱く貧弱だった七竈の樹は垣根にしている
匂い桧葉の選定に来てくれるおじさんが
いつも「大きくなったら手に負えないよ。切ったら」と・・・
いわれるのだが、旭川市の樹として切らずにおきたいと
年に1度捌いてもらい
今我が家では一番元気に伸びやかに葉を茂らせている。
 

 
学生時代2年間寝食を共にした友人A子さんと半世紀ぶりに
枕を並べて語りあった。4月のことである。
学生時代は庭作りに興味がなさそうな彼女だったが
今は沢山の花を咲かせて愛でているとメールに添付して
自慢の花の画像を届けてくれた
 

お土産が届いた 
 
 
先輩からニュージランドに旅行」とメールが入った。
「お気をつけて!」と返信して・・・・
「無事帰ってきたよ」とお土産が届いた。
旅先でも心に掛けてくださっていたんだと
 
何とも言えず幸せな気分・・・・
素敵な先輩御夫妻に出会えた私は幸せだ!!
 
イメージ 1

このページのトップヘ