一歩前進…ゆっくり歩む

2010年09月

イメージ 1
 
 
 
十勝千年の森出発の時間はpm4:30分過ぎ
清水町の空はまだ明るかった。
 
イメージ 2
 
バスに揺られて夕焼けに染まる雲を見ながら・・・・
 
イメージ 3
 
旭川に着いたら真っ暗!
自宅には8時過ぎにただいま!と・・・
 
お月様が綺麗に顔を見せてくれた。
12時間以上の日帰り旅行であったが
楽しかったと同時に北海道は広い!と・・・・・実感!

イメージ 1
 
十勝千年の森
十勝千年の森は日高山脈と十勝平野の接点に位置し、
北の大地にふさわしいスケールを持ち、自然の営みと一体となる「北海道ガーデン」を
コンセプトに4つの庭を展開しています。
ガーデンデザイナー、ダン・ピアソン氏が十勝の自然にイマジネーションを喚起され
デザインした「メドウガーデン」もその一つです。(ホームページより)
 
イメージ 2
 
行程最後は清水町にある十勝千年の森
未来へ遺す、未来に引き継ぐをテーマに
《大地の庭》・《森の庭》・《野の花の庭》・《農の庭》
を育てているという
時間が無く、しかも最終コースのため
私の足も限界で入り口にまでもたどり着けず
途中で戻ったのだが
ゆっくりと一日かけて回りたいガーデンの一つであった。
 
イメージ 3
 
十勝千年の森入り口
 
イメージ 4
イメージ 5
 
歩く自信が無く、仲間の皆さんとわかれて近くを散策する。
もはやたそがれ時・・もし迷子になったらと
大急ぎで来た道を引きかえした。

イメージ 1
 
真鍋庭園
真鍋庭園は、1966年から時代と共に刻々と変化・拡張を続けてきました。
日本初のコニファーガーデンとしても知られる庭は24,000坪に及び、日本庭園・西洋風庭園・風景式庭園で構成されています。北海道の開拓以前から残る貴重な古木や珍しい植物など、真鍋庭園ならではのコレクションは見応えがあります。(ホームページより
イメージ 2
 
3箇所目は真鍋庭園・・・
日本列島植木植物園として、全国各地にある植木生産者の畑や見本園を
開放しガーデンアイランドに見立てる構想を立ち上げ
この庭園も登録された。
道内で唯一の見本園として-25℃でも育つ
あらゆる植物のコレクションを見ることが可能。
緑や自然に対する社会貢献・独創性・種の保存・伝統技術の伝承を
目的とした庭園である。
 
 
イメージ 3
 日本庭園では沢山の鯉がえさを求めて
人間の気配に近寄ってくる。
 
 
 
庭園の中ほどに進むと見上げる大木があらゆるゾーンに配置されている
 
イメージ 4
 
りすをみつけた!
 
イメージ 5
 
夢中でシャッターをきるるが動きが早くて撮影ができない。
思い切って動画に変換して息を止めて動きを追ってみた。
 
 
 納得できない画像だがと・・思いながら
時間に追われて車中に戻る。
 
 
 
 
 

イメージ 1
紫竹ガーデン遊華代表紫竹昭葉さん(84歳)の出迎えを受けて
 紫竹ガーデン
一日中、花と遊んでいたい・・・。ひとりの女性のそんな想いが、1万8000坪のお花畑になりました。
来るたびに、歩くたびに、新しい発見。約2,500種の花々が季節ごとに表情を変えて、あなたの訪れを歓迎します。花を愛で、花に誘われ、花と語らう時間の始まり。さて、どの小径から歩いてみましょうか。
(ホームページより)
イメージ 3
 
紫竹ガーデンのオーナーは紫竹昭葉(しちくあきよ)さん
御年84歳とのことだがピンクの帽子ピンクの上着が良くお似合いでとっても若々しいおばぁちゃんと呼ぶのが失礼なくらいの素敵な御夫人であった。
「みんなで北海道を花の島にしよう」と牧草地をフラワーガーデンにしたという。
笑顔で迎えてくれたオーナーに癒されて昼食をとり、40分ほどの時間で
蝶を追いかけ十勝の空気に触れて過ぎ去った夏の花々を・・
散り急ぎかれていく秋の花をいとおしみながら撮影を楽しんだ。
 
イメージ 2
 
 
息を止めて蝶の乱舞を撮影 !
イメージ 4

イメージ 1
 
『十勝ヒルズ』
きれいな空気と水にこだわりを持つ十勝ヒルズは、丘からの絶景に恵まれ、
野鳥や昆虫が植物と共生するエコ・ガーデンなど独自の試みを展開しています。
十勝の農産物、食文化を大切にし、さらに野外ステージなど自然とふれあう喜びを多様に提供し、
花に囲まれた山里で過ごす癒しと寛ぎの空間を創造しています。(ホームページより)
イメージ 3
 
一番最初に訪れたガーデンは十勝ヒルズ
《憩い・癒し・寛ぎの空間創造》をテーマに
ふれあい農場・ヒルズショップ・ウェルカムガーデン・
野外ステージ・広場・展望台などが完備されているという
 
イメージ 2
  ( 画像がおおきくなります)
 
 
 
花々は終わりに近くサルビアが風に揺れて
さわやかな秋風に大きく深呼吸を・・・・
 
イメージ 4
 
 
 
咲き残っていた花と・・・実のついた樹と・・・・
時間の関係でゆっくりと体験できないのが心残り!! 
 (画像の上でクリックをしてください)
 
 
ガーデン入り口を抜けると十勝の山波が!!
イメージ 5
(画像が大きくなります) 

このページのトップヘ