一歩前進…ゆっくり歩む

2010年12月

新年に向けてりらちゃんと餅をつく
 
 毎年暮れの30日には元旦に食する雑煮のために
餅つき機で2~3臼の餅をつくのを常としているのだが
この2^3年ばったんの膝関節手術であったり息子一家が
嫁の実家に出向いたりでみんなが揃わないので
「今年も如何しようかと」・・・
じったんばったん2人でひっそりとと思っていたのだが・・・
 
先日りらちゃんから餅つきの手伝いに行くからと連絡が来た。
又長男一家も今年の暮れと元旦はお世話になりに参上・・とのことで
急遽もち米をうるかし機械で餅つきをした。
 
 
りらちゃんが一番頑張って美味しいもちが出来上がった。
明日の大晦日から元旦にかけて大賑わいのわが家になることだろう・・・
 
皆様どうぞ良い新年をお迎えくださいませ。

新年に向けてボーイスカウトのボランティア
 
 
イメージ 1
 
今朝は寝坊した・・・
遅い朝と早い昼食兼用の食事をしてゆっくりコーヒーを飲みながら
押し迫ってきた今年のあれこれを夫と話して道新の朝刊を開いたのが3時過ぎ
其のときは夫も私も気がつかずにいたのだが・・・・
 
夕食後テレビ番組確認でもう一度新聞を開いて旭川上川地方版に目を向けたら
なんと!!息子の長男が載っているではないか・・・
しかも名前入りでコメントまで言っている。
 
イメージ 2
 
彼は私共にとっては初孫で待ちに待って生を受けた子供であるが
予定より2か月早く未熟児で生まれいろいろのトラブルを抱え
一時は私共も又嫁の御両親も心配もし息子夫婦も始めての
子育てにかなりのエネルギーを使った。
 
転勤族の息子一家のため私は初孫に思いはあったが
何時もいつも触れ合うことは無理で・・・・
年に数回会うたびに成長していく孫に安堵していた。
親の転勤で中学入学と同時に旭川に引っ越してきたが日々多忙な中学生
あまりわが家にも寄り付かず・・・電話をしても用件のみ
親からボーイスカウトに入っていて日曜祭日も時間が無いと聞いていたが
まさか新聞で目にするとは・・・・
 
電話してみたら31日~1日にかけておばあちゃんのところへ行くから
「お年玉ヨロシク」との答えが返ってきた。
 
 

イメージ 1
 
月全体が地球の影に入る皆既月食が北海道で見られるという
 
テレビ報道に「よし!」と思って
 
玄関ドアをあけたり閉めたりしながら空を仰いだ。
 
私は赤い月を目にすることが出来なかったが
 
雲が切れると徐々に月の満ち欠けが目に出来、
 
光輝いて神秘的な美しさにホットして
 
一時寒さを忘れた。
 
しかしデジカメで写真を何枚撮っても月の光が流れて
 
形を捉えることが出来ない。
 
腕が悪い?
 
カメラが安物だから?
 
新聞報道によると来年12月10日に又道内では
 
皆既月食が見られると書かれているが
 
果たして来年は元気でこの神秘的な
 
天体ショーにお目にかかれるのだろうかと・・・

私のところにもサンタさんが来た!!
 
イメージ 1
  
イメージ 2
 
 
クリスマスの定番ポインセチアの鉢が息子から届いた
 
真っ赤ではなく品の良いボタン色で息子と妻のE子からの贈物
 
 
イメージ 4
 
 
 友人のA子さんから「サンタさん私のところにも来てくれないかなぁ~」
 
と書いたブログを見てと下着のプレゼント・・・・
 
おなじくT子さんとA子さんからお茶しようとお誘いの電話で
 
ケーキとコーヒーで楽しい時間を持った。
 
 
イメージ 3
 
 毎年クリスマスに一緒に行動する孫のりらちゃん一家では
 
スキーの予定が有るので
 
24日にクリスマスケーキを手配したので届くからと連絡が来た。
 
優しさのプレゼントに「うわ~ぃ!」と嬉しくなった。 
 

このページのトップヘ