一歩前進…ゆっくり歩む

2013年10月

イメージ 4
 
 目覚めてカーテンを開けたら霧の中に我が家の庭木がボゥーと浮かんで見えた。
あまりの幻想的な風景になんとか写真が撮れないか?と・・・・デジカメを持って外へ。
気温はさほど低くなく温度計は5℃。
明日から霜月である。晩秋の朝の景色にふれて・・・・
 
 
イメージ 1
 
 ナナカマドも糸紅葉も真っ赤に色づき、つつじも黄色く葉を染めて
狭い庭ではあるがまさに去りゆく秋の彩りを精一杯主張して・・・
ご近所ではそろそろ冬囲いをしているが我が家ではいまだ夫は知らんふりを決め込んでいる。
 
イメージ 2
  
イメージ 3
 
苗木のように小さかったナナカマドであったがこの2~3年ぐんぐん枝を伸ばし葉を茂らせて
今では我が家で一番の大きな樹になった。今年も真っ赤な実がたくさんなって・・・
水滴を含んだ実はそのうちに野鳥のえさになるのだろうと思いながら…
 
                                        (カーソル通過です。くりっくしてみてください)

イメージ 5イメージ 4イメージ 6
 
 
10月はさんまの季節であり男の料理クラブでは
さんま料理をしたいと調理師が考えていたようであるが・・・・・
料理クラブ当日私は旅行中。
会員O氏より送られた写真を投稿することに手間取り遅くなりまた
 
 
 
イメージ 7
 
 
献立は秋刀魚料理です。
今年は漁模様が今一つなのか、例えば刺身で食べれるような活きのいい秋刀魚の値段も例年に比べて高くて、行きつけの街の魚屋さんとも相談しながらの献立になろうかと思います。
 
「秋刀魚を焼いて焼き魚の基本を知り、焼いた秋刀魚を醤油、味醂、酒、
三温糖等で煮て煮魚の基本を経験。
なお、手頃な値段で活きのいい秋刀魚があれば刺身作りにも挑戦」
 
 
イメージ 1
                                       (味噌汁を作る)
 
 
・秋刀魚を焼く
     さっと水洗い
     頭切り腹切って内臓を取り出し水洗い
     キッチン・ペーパーで水気拭き取り
     塩を振り20分間位経ってから焼く
 
秋刀魚を煮る;2人分(これ煮魚の基本
鍋に水200cc、酒100cc、味醂100cc
醤油100ccと砂糖(三温糖)適量を混ぜ込んで 必ず沸騰させてから、秋刀魚を入れ落し蓋をし
約18分間中火以下で煮込みます
 
 
イメージ 2
 
イメージ 3
                                      (写真提供会員O氏)

 
イメージ 3 
 
イメージ 4
 
人はみな
生かされて
生きてゆく。 
 
こんなスローガンの元に保護司活動に携わってもう何年になるのだろう
今年もまた旭川市大雪クリスタルホールで大会が挙行された。
今年の講演はファッションデザイナーの村田愛子氏
 
「夢をあきらめないで」という演題で1時間弱一人で話し続けるエネルギーにまず圧倒されて・・・
御年79才とのことだがピンクの若々しいスーツに真っ赤なヒールの靴を履き
ご自分の来し方を語り受刑者との交流でファションショーを開催して
喜ばれていることを語る姿にいくつになっても輝いて生きることの大切さを教えられて・・・
 
イメージ 1
 
 
午後から所用があり退席したのだがクリスタルホールの近辺は
柔らかな秋の日差しにふと慰められて・・・・
 
イメージ 2
 
 
 滅びの前の美しさを誇る木々に思わずカメラを向けて・・・
(10枚の画像を入れております。ゆっくりとクリックしてください)
 

 
メル友しげさんより常磐公園の紅葉の写真が送られていましたが少し多忙で
整理できずにおりました。10日ほど前の写真ですから旭川はもうだいぶ紅葉が進んでおりますが
秋景色としてyoutubeに載せました。素敵な写真を見て下さい。
 
 
 
9日現在、常盤公園の紅葉は最盛期です。一部のもみじの赤色やイチョウ、白樺、カシワ等の
黄色が遅れており、例年の紅葉からは、多少見劣りしてしています。
反面、ヤマブドウだけが豊作で、赤い葉、黒い房が目立って、大昔にヤマブドウ取りをしたことを
思い出しています。
また、9日から花や樹木の冬囲い工事が始まり、また、公園中央花壇と千鳥ケ池周囲花壇に、水仙や
チューリップ等の球根の植付が行われていました。
冬囲い等は本州の方に情報としてご利用下さい。(しげさんメールより)

 
イメージ 1
 
 
函館は私と友人K子さんの故郷である。中学・高校・短大と同じ学び舎で過ごし・・・
爾来半世紀以上環境が変わり住む地域も異なりながらも友情をはぐくんできた二人にはとにかく懐かしい。
湯の川温泉で一泊チエックアウト後⇒香雪園へ
 
湯の川温泉街の山側にたたずむ見晴公園は、市内有数の豪商だった岩船家が1890年代に別荘として
造成した庭園「香雪園」を含む約4万3000坪の広さを誇る。
香雪園は1927(昭和2)年に、岩船家の好意で市民に無料で開放されるようになり、1955(昭和30)年に
函館市が無償貸借契約を締結、1959(昭和34)年には市が土地を買収した。2001(平成13)年に、
文化財保護法に基づく「名勝」の指定を受け、北海道で唯一の国指定文化財庭園となった。(ネットより)
 
 
イメージ 6
 
イメージ 2
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
私たちが住んでいた頃の函館とはさまざまに変わり時の流れを感じながら・・・
この見晴らし公園も湯の川地域から離れた場所に自宅があったので二人ともあまり記憶になく
私は雪のころ一度旧友に案内されて出かけたことがあったがK子さんは初めてと言い
静かで落ち着いた庭園に満足して・・・最後の目的地五稜郭公園へ
 
イメージ 7
五稜郭公園はあまりにもメジャーで、私たちの高校はこの公園のお堀端を通りながら
通学して・・時には退屈な授業では教室を抜け出し五稜郭公園で昼寝をしていたという
悪童男子生徒もいて二人で何度も出かけた所である。
自由に散策しあまりにも整然と観光客向けの顔を持った五稜郭に軽い苛立ちを覚えながら
年を重ねた自分たちを思い・・・過ぎた日々を懐かしみ・・・
 
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 3
 
 
約1時間の散策を終えてバスは国道から高速へ昼食は森町海商で・・・札幌駅17:20着
友人K子さんとまたね!と別れを告げて・・・旭川駅19:30着。
ハードなでもたくさんんの思い出を作ることができた2泊3日の強行旅行を終えることができました。
 
 

このページのトップヘ