一歩前進…ゆっくり歩む

2016年08月

イメージ 1

9月になりました。今年も3分の2が行ってしまいました。
今年こそは平安な年でありますようにと願いを込めるのですが
年々厳しく大変な年になってくるようです。
北海道にあまり縁のない台風が今年8月下旬の数日に何個も上陸。
北海道に流れる代表的な川やその支流など水嵩が多くなり
堤防が決壊など大きな被害に襲われています。
なんと自然は無慈悲なことでしょう。
丹精込めた畑が水浸しになり
命の危険にさらされた方も報道されて
あちこちで人の慟哭が聞こえてくるような気がします。

どうぞ今年の残り3分の一は
穏やかな平安な日々であるように願いを込めて
旭川から被害に逢われた皆様に心からお見舞い申し上げます。


夫の高校時代の友人がご住職の臨済宗見性寺に
ドライブがてら出かけました。
ぺーパン地区にあるお寺です。
この米飯地区は明治時代福島県から移住者が
開拓した地区で樹齢100年を迎える北限の梅の木が有名です。

イメージ 4


お盆が過ぎると日常が戻ってきました。
暑さは続いていますが・・pc講座、保護司活動など出かけることも
多くなり、また追われるような日々に戻っています。
出かける時には必ずカメラをバックに入れることを習慣としているのですが
ここしばらく写真を撮ろうという気分になれずにいました。



                 右下をクリックくださいイメージ 5大きくなります。
イメージ 1

保護司研修会に出かけた日に東旭川公民館に向かう途中です。
台風の影響もなく稲は少し黄色味を帯びてのびていました。

イメージ 2


イメージ 6

書道連盟展で何年振りかで偶然お会いしたMさんから電話をいただき
お茶をしました。
アイスクリームにチョコレートで好きなことを描いてくださいと言われて
書道の先生の彼女は早速「和」と書いてくれました。
再会を約して・・素敵な友人があちこちにいることを嬉しく思い
楽しい時間を過ごしました。


イメージ 3


所用で娘宅付近に出かけた折、留守かと思いつつベルを押したら
暑いのでこれからロロの床屋さんに行く日だと・・・
早速2~3枚パチパチと写して「ではまたねと」・・・


イメージ 4
台風情報でサイクリングを休んでいましたが今朝5時過ぎ思いついて
出かけてみました。
ブルちゃんと散歩した道ですが方向を変えて・・・
我が家の子供たちが小学校の頃通学路として通ったところを思い出して
行ってみました。
この教会は地域の子供たちを学習や英語を教えてくれました。
懐かしく思いぱちりと・・・


イメージ 1

イメージ 2

街路樹の木々は赤く色づいている部分も見られて・・・

イメージ 3


雨に傷んでいる花もありましたがさすがコスモスは強い。
しなやかに嫋やかに咲いていました。

イメージ 3

本州で発達した台風も北海道に到達する頃には温帯低気圧になり
殆ど台風被害がない旭川に住む私には
今回の大雨台風報道もどこか他人事のような気分でいましが・・・
旭川市内に流れる大きな河川の一つ石狩川が
隣の深川市で部分的に氾濫したという報道に
出来秋目前の農家の被害を思うと自然の恐ろしさを改めて感じます。

台風11号が通過した後の旭川市内旭西橋河川敷の様子を
メル友しげさんからメール添付で写真が届きました

イメージ 1




美瑛川と忠別川の合流地点からさらに0.8キロ先で石狩川と合流地点しており、可なりの増水ですが、余裕ある堤防に囲まれております。
但し、石狩川河川敷地を利用した河川公園の旭西広場の野球場、サッカー場、テニスコート、広場、駐車場が冠水したうえ、土砂、樹木等が流入して被害が出ておりました



昨21日台風9号通過後の旭橋・旭西橋河川敷の様子を
再度メル友しげさんからメールが届きました


イメージ 2



道内に台風9号上陸した影響で、道北地方大雨となり各地に被害が大きく報道されました。旭川市内は、被害が多少ではあるが、可なりの範囲で出ていました。
写真は、21日石狩川河川敷地の旭西広場冠水が気になり、今日夕方雨上がり青空が出たので行って見たところ、石狩川の増水の余りの多さを見て、恐ろしさを実感しました。再度、旭西広場、旭橋河畔広場冠水等を、写したので添付します。
市内の河川敷地を利用した公園は、全て冠水した趣で、回復するには可なりの月日、補修費を要し、年内使用は困難かと思われます。参考まで


このページのトップヘ