一歩前進…ゆっくり歩む

2016年09月

イメージ 5

我が家の庭でノイバラ?の樹に沢山の実がなっています。
冬には飢えた小鳥の餌になるだろう?と今年は剪定を頼まずに
残しておこうと思います。ブルちゃんの友達であったのか?
いまだに
カラスのカ-君が遊びに来ます。

平野地の街路樹も少しずつ色付き始めて旭川市民の木「ナナカマド」
実が赤や橙に色付き、葉が綺麗に紅葉になってきました。(メールより)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

JAふらの特産「北の峰すいか」畑です。
時期的には終りで末成りで、製品にならないのか?
可なりの数の美味しそうな感じのスイカ畑です。(メールより)



夏のころは朝目覚めると早い時間でも即ペダルを踏んで出かけましたが
最近はくもり空で時折霧のような雨模様・・時には木々が揺れて風が強く
「もし転んだら?」と出かけるのを躊躇していました。
間もなく自転車の時期も終わるだろうと一昨日思い切って出かけました。


イメージ 2

お日さまが雲を従えて輝いています。お日様に励まされて・・
車では難なく通りすぎる東旭川公民館そばの田んぼに向かいました。

イメージ 3

間もなく刈取りがはじり、
こんな風景もあとわずかで終わることでしょう。


イメージ 4




イメージ 5


思わぬ発見をしました。
東旭川公民館へ行くときに良く通りぬける小さな屯田橋
その欄干に4個のプレートが
欄干の手すりと同じ材質の鋼鉄ではめこまれていました。

きっと当時の東旭川なんだろうと思いつつ・・・
サイクリングの良さを満喫できた瞬間でした。

イメージ 1

イメージ 4

ここしばらくいそがしく充実した日々が続きました。
孫のバレエの発表会に芸術の香りに浸りながら・・・余韻を楽しみ
写真撮影禁止で飾られた花輪を写すのも忘れてしまい、
帰宅後せめてプログラムを・・とカメラに修めました。


イメージ 1

保護司研修

3日後保護司研修会でサンアザレアに行きました。
面接技法のSSTについての講演研修でした。
新しく保護司になった方には有意義な研修ですが・・・10数年
数十人の対象者と触れ合った私は技法というより
何より心が大切なんだよなぁ~~という感想でした。

イメージ 2


フォレスタコンサート

学生時代の友人A子さんは千葉市に住んでいます。
彼女とは2年間寝食を共にしました。
彼女は数年に1~2度北海道に帰省し、今年7月旭川で再会。
懐かしく近況を語る中で
今の生きがいはフォレスタの歌声を聴くことだと語り
BS日テレで放送されるから私にもぜひ見るようにと・・
またの再会を約して機上の人になりました。

そのフォレスタが旭川文化会館でコンサートと新聞紙上で見
夫にチケットを買ってもらい行ってきました。
大ホール1500席はほぼ満席
素敵なハーモニーに酔いしれた2時間でした。

イメージ 5

フォレスタ歌唱「花は咲く」
midi=on・off

イメージ 3


イメージ 5

先日来の台風の影響を受けることなく稲は刈取りの時期を迎えて黄金色に首を垂れています。聞くところによると例年と同じような出来高とのことです。全ての農家が稲刈りが終わるまで天候が荒れる事のないようにと願いながらコンデジでパチパチと写しました。

イメージ 1
右下をくりっくしてください。イメージ 6おおきくなります


イメージ 4


イメージ 2


イメージ 3
右下をくりっくしてください。イメージ 6おおきくなります


イメージ 7


19日連休に当麻ヘルシーシャトーに行って来ました。
当麻アスレチックで家族連れがワッペンを付けて楽しそうでした。




イメージ 8


孫のRのバレエの発表会があり、プログラムPARTⅢでプリマドンナを
演じるので見に来てとチケットが届きました。
久々にゆっくりと街を散策し、夕食をどこかで頂こうと・・・
孫に届ける花束をもちタクシーでで少しおしゃれして会場に出かけました。

イメージ 1

いつもマイカーで出かけるのでアルコールは夫のみ・・
駐車場のことを考え時間に気をとられてゆっくりできずに帰宅しますが
孫のRの成長したすてきなプリマ姿に夫も私も
倖せな気分で一杯になりました。
少し気温が低いですがさわやかな気候にゆっくりと暗くなった
旭川の街を散策し・・・

アートホテルの和食処『嵐山』でビールで乾杯
天婦羅御膳の夕食でした。

イメージ 2

イメージ 3

ほろ酔い機嫌の夫は5条通りの小路に歩を進めて
私に「こんなところを入ったことがあるか?」と言います。
現役の頃同僚とたまに飲みに来た店もあるはずなんだがと
懐かしそうです。

イメージ 5


イメージ 4

買物公園から常磐公園にかけて旭川食べマルシェが開催で日中は
凄い人出とのことですがテントとそぞろ歩きの人がチラホラでした。

イメージ 6

イメージ 7

どこに出かけても「歩くのは嫌だ」とすぐ車に乗りたがる夫ですが
ゆっくりと歩きながらバス停に向かい夜の街を楽しんで来ました。

このページのトップヘ