一歩前進…ゆっくり歩む

2017年03月

イメージ 1
イメージ 6

今月は年度末でもあり、お祝い事もあることだろうとお赤飯を
電気がまで簡単にできることを試してみた。
小豆は市販の小豆缶を利用し煮汁をそのまま釜に入れ自然の色合いを保持。
一人数個のおにぎりをお持ち帰り用とした。

イメージ 2

おかず用として春告魚(旬のニシン)を生姜を聞かせて煮つけ魚にして・・・
イメージ 3

付け合せにかぼちゃの天婦羅とほうれん草のしたし
シメジのお吸い物風の汁物を作り会員全員参加で和気あいあい。
イメージ 4

楽しく食事をする。
イメージ 5

(写真提供会員O氏)


イメージ 1

近くの公民館でpcクラブの講師を頼まれて2年間。月2回、20人の会員に
支えられて一応区切りをつけ、新年度に向けてまた新しい出発です。
この会は旭川教育大卒で現役のころは学校長を歴任した方々が仲間内で
pcクラブを立ち上げて楽しみながら10数年活動なさり、指導者が健康を
理由に止められたので急遽頼まれて引き受けました。
教職に携わったベテランの方々に支えられ親しまれてなんとか2年間楽しく
過ごすことが出来ましたが、3月をもって7人の方が退会です。

イメージ 2
惜別の思いを兼ねて3月23日講座終了後お別れのご挨拶をいただきました。

イメージ 3

会員のA氏より2年間の講座風景を写真に撮りためたアルバムを
いただきました。(有難うございました。A先生)


イメージ 8


イメージ 4

イメージ 3

丘のまちですが山並みもくっきりと見られました。
右下をクリックくださいイメージ 9大きくなります。


イメージ 1

丘のまち交流館  bi.yell(ビ・エール)

使われなくなった施設をリノベーションし、美瑛産カラマツと美瑛軟石を使用、
ぬくもりの空間に生まれ変わりました。
町民や観光客が気軽に利用でき、さまざまな交流の輪が広がる複合施設です。

チャレンジpcクラブの会員でベテランのA氏が長年指導する「美瑛パレットの会」
20周年記念作品展の案内を頂き、お天気良かったので美瑛町に行って来ました。
会場は「丘のまち交流館 bi.yell」美瑛駅のすぐそば、一寸素敵な建物で広々した。
展覧会会場は広くゆったりと絵を楽しんで来ました。


道の駅丘の蔵『美瑛』にて食事をして・・

イメージ 5

花の季節には観光客で賑わうぜるぶの丘もまだ深い雪にクローズでした。

イメージ 6

ぜるぶの丘駐車場から望遠にして・・
右下をクリックください。イメージ 10大きくなります。

イメージ 2

イメージ 7

イメージ 1
4月から高校3年生になる孫が春休みも近いしバイトもない、時間が空いたから「泊まりに行って良いかい」と突然電話が来た。
「何か用事?」と聞いたら「うう~んなんとなく顔を見に行こうかな~ぁ」と・・夫は大喜び私も心弾んでゆっくりスマホやタブレットの操作を教えてもらえるぞと・・高校に入学する前はよく電話が来て送り迎えを頼まれたりしたがどうもこの2~3年遠くなった気がしていただけに成長した孫を
喜んで迎えた。

翌日「予定がないので付き合うよ」という彼にそれではお彼岸も近い事だし
お墓に行ってみようと3人で出かけた。

イメージ 2

イメージ 3
車にスコップを積んで長靴をもって出かけたが雪が深くてとても入ることが出来ない。お天気なので車を止めて墓を見ながらぱちりと写して・・・
このまま食事して帰るのもどうも残念だとお墓から少し遠回りして高砂台にあるユウカラ工芸館・染色美術館・雪の美術館の建物を見に行こうと夫は車を向けた。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

優佳良織の創始者木内あやさんは夫の若い頃知り合いで、その後息子さんが後を引き受けたのだがその方も亡くなり今は建物も老朽化しているので長い閉館状態となっているが、でも遠くから見える建物はとても素敵だ。
そんな話を孫に聞かせて…

遅い昼食を兼ねて何でも食べたいものをご馳走するよという夫に何を思ったのか高校生の孫は「和食」が良い。それでは帰り道『福鶴亭』に寄ろうと
ランチ時間ぎりぎりの2時過ぎ到着。
天婦羅も食べたいしお刺身も食べたいという孫に夫は両方オーダーで20歳過ぎたらビールを頼むのにと終始ご機嫌。
イメージ 8

ゆっくり食事をして帰宅途中、常磐公園により美術館で興味のある展示を
しているだろうかと寄ってみたが孫は興味なさそうなのでそのまま娘宅に
送り心が嬉しく二人でルンルン気分で帰ってきた。何とも楽しい2日間だった。

イメージ 1


旭川バーサーロベットジャパンが3月11日・12日開催されました。
雰囲気を撮りたいと11日出かけましたが
残念ながら歩くスキーは12日一日と
いう事で準備を終えた会場を数枚写真に残して
明日の盛況を想像して会場を後にしました。


イメージ 2



イメージ 3

イメージ 4



13日の道新紙上で2571人参加と出ていました。
お天気で参加した皆さんの笑顔が輝いていたと・・・
この大会が終わると旭川も急速に春が進んできます。

イメージ 5

このページのトップヘ