一歩前進…ゆっくり歩む

2018年03月

イメージ 5

春休みは学生にとっては何かしら心が浮き立つ時期です。
娘の家庭では2人兄妹の彼らは祖母の私から見ても仲良く・・・
2人とも環境が変わり、
兄は親元を離れ妹は兄の通った高校に入学します。
孫娘の心境をふと思い祖母の私は彼女のために一日時間を持ち
買物デートに誘いました。

お祝いは別として何か欲しいものをプレゼントするよという私に
それではと、旭川では大手の本屋さんであり雑貨小物を取り扱っている「コーチャンフォー」で文具を見て高校に入ったらどんな参考書があるか
見たいと言うのでまずコーチャンフォーに、そこで時間を待ち合わせ
私は本のサークルをを見て回り読みたい本を一冊GET。
孫はノート数冊とこれから使うであろう筆記用具を買い・・

さて昼食は?とお洒落で軽いお店がないかと・・
二人とも思い浮かばず
それでは手作りパンで有名なお店でたくさんのパンをGET。
じったんが待っているからとひとまずわが家へ

イメージ 1

イメージ 2


コーヒーとミルクとパンで昼食を済ませ、午後から彼女の希望で
東神楽にあるアウトレットショピングに行きたいと言うので、
夫に運転を頼みでかけました。

何か気になるものがないのという私に
Tシャツをみて「これ可愛いね」というので「買ってあげるよ」と
「いいの?」というので・・
あ~ぁ孫も大きくなったなぁ~~と
心がしみじみとうれしくなるひとときでした。

イメージ 3

東神楽から娘宅に孫を送りながら日が沈むさまを写して
陽が長くなってきたことを実感です。
明日から4月・・・です
イメージ 4


4月から新しいステップに踏み出す娘の孫2人と
旭川グランドホテル和食処「四季」
祖父母の私たちから旅たちのお祝いランチをしました。
暫く家族中が忙しく・・・
大したものを食べていなかったと孫二人は大喜び・・・
上の子は4月から親元を離れて札幌の大学へ、
下の子は希望の高校に合格できた喜びで少し華やぎ、
我々祖父母はいくばくかの感慨をもって
孫達と和やかな時間を共有しました。

イメージ 1
孫達と夫は「桜御膳」
待ちわびた【春】を感じていただけるランチ限定のメニューです。
大好評の牛しゃぶにはキレイなピンクのさくらうどんを添えました。
私はしゃぶしゃぶのお肉はちょっと重いので3月31日で終了の
「花ランチ」にしました
イメージ 2

食事を終えてバス賃が結構かかるという孫の言葉にそれではと
車で送りました。
大学の入学式に着るスーツが届いていて高校まで学生服だったので
ネクタイの締め方が分からないという孫に夫は締め方を伝授して・・
下の孫娘の高校の身元保証人を頼まれて嬉しそうに署名をしています。

イメージ 3

暫くぶりで訪れたじったん・ばったんに家族の一員のロロは大興奮。

イメージ 4

イメージ 2

プールの改装が終わり3月から遊水歩行の講座が始まりました。
春分の日も終わり、日に日にあたたかくなり雪融けも急速に進み


春がすぐそこまで来ています。


でもオピッタ駐車場からPC講座で通うCoCoDeは
まだ雪が深くてオピッタの駐車場からCoCoDeの駐車場には
抜けることが出来ません。

イメージ 1

深い雪に耐えて春を迎えたポプラも
やわらかな春の日差しに背伸びをしているように感じられます。
ワイド画面になります。右下イメージ 7をくりっくください。

イメージ 3

私がプール講座を受けている1時間、
夫は3階にある自由歩行空間で万歩計をつけて体力保持・運動を兼ねて
ウォーキングしています。
イメージ 6
 
     ワイド画面になります。右下イメージ 5をクリックください。
          
イメージ 4



イメージ 3


イメージ 1

お彼岸の中日急に二人の母を懐かしくなり、牡丹餅を作ってみたくなりました。
その昔実家の母も、夫の母も良くお彼岸には牡丹餅と御萩を作ったものでした。
実家の母はこしあんで大きな牡丹餅を作り甘いものがまだ高価な時代
楽しみで何個も食べた記憶があります。
長じて旭川の大家族に嫁いだ私は姑とお彼岸にはつぶあんのおはぎを作りました。
私がご飯を握り姑はそれを整えて小豆をまんべんなくかぶせて
たくさんの数を作りました。
今日つくった牡丹餅は母たちが作った大きさの半分ほどですが、15個の牡丹餅で
なんとなく心が安らぎました。

イメージ 2


昨年の8月夫の誕生日に娘と息子にプレゼントされた胡蝶蘭が
つぼみを付けて昨日から花開きました。
水やりだけで咲きだした花に春を感じて嬉しいお彼岸です。
(カーソル通過です。クリックしてください)



お天気の良い日も雪降りの日もここ1週間ほど毎日我が家のナナカマドを
自分の住む場所にしているようにして寛いでいるヒヨドリ君
イメージ 7
今にも泣きだしそうな空模様なのに元気なヒヨドリさん
(リビング窓ガラス越しに撮影)
イメージ 1

イメージ 2
同じ個体なのかわからないがつがいで来ているヒヨドリ君
(パソコンデスクの窓からガラスを開けて撮影)
イメージ 3

オピッタプールを終えて少々疲れて帰宅した私に甲高い鳴き声で
お帰りというように合図をくれたヒヨドリさん(外で撮影)
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


イメージ 9


冬祭りの頃我が家近くの一般住宅でバケツに水を入れて氷を作り
重ねて氷像にして楽しんでいるお宅を発見。
もう取り壊す時期だがパチリ一枚

イメージ 8

このページのトップヘ