一歩前進…ゆっくり歩む

カテゴリ: 男の料理関係

イメージ 5

夫が主宰する「男の料理倶楽部」に以前参加していたO氏が久々に
来てくれました。
早速写真を撮り送ってくれましたので、調理師の案内文と一緒に
投稿です。20年近く続いた「男の料理倶楽部」も今年3月で終わりにしたいと主宰者の夫も区切りをつける予定です。



朝 食 は 金          
私は、朝起きて先ず最初に濃い目の煎茶を飲んで水分を補給します。丁度、 ( しお ) ( か )けた鉢植 ( はちうえ )えの君子 ( くんし ) ( らん )   が一杯の水でシャンとするように、枯れかかった老体には尚更 ( なおさら )に水分が必要かと思う今日この頃です。
煎茶を飲んで一服。次は ( きん ) ( あたい )すると言われる朝食です。
先ずは①米やパン等の「炭水化物 ( たんすいかぶつ )」、次に②魚・肉・卵等の「蛋白質 ( たんぱくしつ )」   と、そして③オリーブ油・バター等の「 ( し ) ( ぼう )」の、所謂 ( いわゆる )三大栄養素を摂るように心掛けます。
 
朝食レシピの一例
  1. 炭水化物;パンはトースターで軽く焼きます。パンではなく前日残りの冷御飯を食べる場合はレンジで温めます。
  2. 蛋白質;フライパンに脂肪のオリーブ油を適量 ( し )き、中火以下の火力でベーコン・卵を、落とし蓋をしながら ( む )らし焼きにします。
  3. 脂肪;フライパンにオリーブ油を適量敷いて、茄子 ( なす )とモヤシとピーマン等を軽く炒めて、ケチャップを適量混ぜます。
  4. その他、生野菜としての胡瓜 ( きゅうり )塩揉 ( しおも )みとトマト等を添えます。南瓜 ( かぼちゃ )とジャガ ( いも )を蒸して添えれば最高。
  5. スープは、インスタントのコーン・ポタージュに牛乳を混ぜて温めます。
 
仏教の始祖 ( しそ )である釈尊 ( しゃくそん )は、断食 ( だんじき )をして瞑想 ( めいそう )を続けましたが空腹には ( た )えきれず、 ( つい )にスジャータと言う娘さんが恵んでくれた牛乳を飲んで、初めて「食命也 ( しょくはいのちなり )」と ( さと )られたとのことです。因みに英語の朝食 breakfast ( グレックフェスト )」は、断食を ( や )めることを意味するのだそうです。
朝食は正に金であると思ってみたりしております。
  
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

(O先生沢山の写真有難う存じます。編集して投稿です。)


イメージ 5

夫が主宰する男の料理倶楽部では12月17日餅つきをしました。
餅つき器3台を使用して毎年12月の料理クラブの日
9臼~10臼の餅をつきます。
雑煮を食べ、各自延べ餅とあんこもちをお土産に・・・・
今年の無事をお互いに安堵しながら早めの年末を迎えました。

イメージ 1

写真をクリックください。参加者の皆さんの雰囲気が伝わります。




イメージ 2

料理クラブの日にはいつも参加して写真を送って下さる会員のO氏が
体調が思わしくなく夏に退会しました。
毎月休みなく続けてはいる男の料理倶楽部ですが
私も写真を撮りに行く時間がなくご無沙汰でした。
でも今年最後の餅つきはと・・少しの時間に行って来ました。
会員の皆さま暖かな笑顔で和気藹藹楽しそうでした。
会員のE氏にコンデジを預かり写真撮影を依頼して即帰宅でした。



イメージ 3

イメージ 4
(E様沢山の写真快く撮影くださりありがとう存じました)

男の料理クラブの皆さま
耳の遠くなった調理師の夫を支えて下さり
楽しい時間をありがとう存じます。
どうぞ良い年をお迎えくださいますように!!





イメージ 4

毎年地域の中学校で中学一年生のカリキュラムに地域の先達者を講師として
地域交流学習をしています。
男の料理クラブを主宰して20年近い夫ですが講師に依頼されてもう10年近くになり、今年もまた料理を経験したい男子生徒の希望者7~8人がいるので
お願いしますと依頼が来ました。
子供が大好き・・教えることが大好き・・夫は喜んで引き受けました。
9月28日材料を用意して我が家の子供たちも卒業した地域の東陽中学校に
出向き中学生と触れ合い有意義な時間を楽しく過ごしたようです。

イメージ 3

担当のK先生から生徒のお礼の文書とともに沢山の写真が届きました。
許可をいただきブログ投稿です。(写真画像は編集しております)

イメージ 2

 ◎調理のメニュウは
  さんまを三枚におろしてムニュエル、旬の野菜を蒸して、
  豚汁と温かいご飯を炒飯にしたという事です。

いまどきの中学生に魚を捌けるのだろうかといぶかる私に
夫はきちんとみんな出来たぞと・・・・
イメージ 5
チャーハンはどの子も冷たいご飯でするものだという認識ですが
調理師の夫は温かなごはんに縮緬雑魚・長ネギ・卵で・・・・・
子供たちも楽しそうです

イメージ 1
楽しく食べて後片付けもきちんとして・・・
これからの男子は料理を作ることも大切なことだと認識したようです。

イメージ 1
イメージ 6

今月は年度末でもあり、お祝い事もあることだろうとお赤飯を
電気がまで簡単にできることを試してみた。
小豆は市販の小豆缶を利用し煮汁をそのまま釜に入れ自然の色合いを保持。
一人数個のおにぎりをお持ち帰り用とした。

イメージ 2

おかず用として春告魚(旬のニシン)を生姜を聞かせて煮つけ魚にして・・・
イメージ 3

付け合せにかぼちゃの天婦羅とほうれん草のしたし
シメジのお吸い物風の汁物を作り会員全員参加で和気あいあい。
イメージ 4

楽しく食事をする。
イメージ 5

(写真提供会員O氏)

イメージ 5

男の料理倶楽部では12月は毎年餅つき機ではありますが餅つきをして
1年無事過ごせたことを感謝して一年の締めくくりとします。

今年は前日会員のO氏・M氏・調理師の3人で16キロの餅米を研ぎ
あんこもち100個、のしもち6臼を作り昼食には雑煮で楽しく和気藹藹
家庭に沢山のお餅をお土産に「今年も有難う・・来年もよろしく」と
終えたという事です。

イメージ 1


イメージ 4



イメージ 2


イメージ 3

(写真提供=T/O氏)

このページのトップヘ