一歩前進…ゆっくり歩む

カテゴリ: 健康

イメージ 5
今年の誕生日で自動車運転免許証の更新だと昨年から覚悟はしていたのだが
今年の3月に認知機能検査を強化した改正道交通法が施行となり、びくびくしながら公安委員会からの連絡を待った。因みに私の誕生日は10月中旬。

最初に5月2日に認知機能検査を受けるようにと葉書が届いた。
検査場所は公安委員会が指定する自動車学校数か所が指示されている。
わが家から一番近くのクミアイ自動車学校に電話で申し込みをした。
混雑しているので1カ月半ほど後の6月22日に指定され認知検査に行った。

16人の高齢者がpm3:00に教室に揃い、女は私一人である。
認知検査は知能検査のようなものだが4個のイラストが描かれたものが
スクーリンに映し出され、ランダムに4回変わり合計16この品物が出る。
イラストは白黒で印象が薄い。加えてすぐにその品物を書きだすのであれば良いのだがほかの検査をした後で最後にあのイラストを思い出すだけ書きなさいと言われ、度忘れで私はどうしても思いだせず12個しか書けなかった。

イメージ 1

認知検査を受ける前は、私はpcを教えているんだ。きっと100点まではとれないにしても高得点は取れるだろうと思いつつ受けたのだが・・なんとどうしても思い出せない。
もしかしたら合格点に行かないのでは?と半分泣きそうになりながら結果を待った。76点以上は記憶力・判断に心配はない。2時間講習で次のステップ
49点以上76点未満は記憶力判断力が少し低くなっている。3時間講習
49点未満は記憶判断力が低くなっている。3時間講習になる。

イメージ 2

幸いにも私は76点以上で2時間講習。
この日は第2段階の高齢者講習の日時を予約して終わり。
講習日は8月9日また1カ月半ほど後である。

イメージ 8


8月9日検査と講習
実車で学校のコースを一周。
クランク・Sカーブ・車庫入れで脱輪したりしながらも
なんとか無事こなし眼の視野検査と近眼の検査を受け
講習終了証明書をもらい2時間講習を無事終了。

イメージ 3


イメージ 4


イメージ 9

運転免許証更新連絡書がやっと届いた

60代まではゴールド免許で5年毎の更新で30分の優良講習で終わっていた。
前回は70代に入り間もなくだったので認知検査を受けず高齢者講習で
実車と反射神経や目の検査などで終わった記憶だ。
それが後期高齢者になったらこんなに時間を要し、
実費もかなりかかり、まるで免許を初めて取得するときのような
緊張感と月日がかかるのだと再度確認する。

イメージ 7

やっと更新連絡書と講習終了証書をもって
誕生日の1カ月前後に公安委員会がある免許センターに
手続きに行き新しい免許証を交付してくる日をカレンダーに記している。
5ケ月もかかったんだと・・・思いつつ

でも今免許を返上するには、我が家の日常が大変になる。
気を付けて運転しなければと肝に銘じながら
新たな免許証を手にする日を楽しみにしている。

イメージ 6

リハビリに通いながら・・・ 
 人工関節置き換え手術をし退院後リハビリに通って2週間・・・・・
スタッフに励まされて順調に回復している。
リハビリ室は機器がそろい受付には2人の女性がいつも
笑顔で迎えてくれる。
私が最後に癒されるウォーターベットを操作してくれるのだが
「お楽しみは何時にする?」と温かく聞いてくれる。
 
 
 
作業療法のスタッフは5人。
3人の男性は不思議にM田・N田・No田先生と名前が似通っている。
しかしそれぞれに個性的で・・・・
M先生は理論的幅広い知識を外来患者さんに伝えている。
私の担当のN先生はすらっとして口数は多くないがとってもやさしい。
一度目の手術からのリハビリ担当なのでまさに気心が分かり
先生の顔を見てほっとする。
No先生は入院と外来の患者をN先生と手分けしているようだが、
雰囲気が安心して頼れるソフトムードで患者の人気がたかいようだ。
 
 
イメージ 1
 
 
尚、二人の女性療法士の方には接する機会が無いが・・・
若いのにかなりハードの仕事をもくもくとやりこなしている姿に敬意を覚える。

一般的太ももの筋肉訓練法
 
等尺性収縮体操(とうしゃくせいしゅうしゅくたいそう)
①まず、膝を自然に伸ばしてください。
②膝を更に伸ばすようにシッカリ力を入れてください。足首を上にそらせて行うとよいでしょう。
③初めは太ももの前面をつかみながら体操すると筋肉が縮んで固くなるのが分かります。
④5秒間力を入れ、5秒間力を緩めるのを1セットとし、1回10~20セットで1日2回行う。
 
    膝に痛みを感じる場合は膝の下に枕などを置いて行ってください。
 
下肢伸展挙上運動(かししんてんきょじょううんどう)
膝をしっかり伸ばしたまま、踵を床から30cmほどもちあげ5秒間止める。床におろし5秒間休む。
この体操を1回10~20セットで1日2回行う。
                                                (病院の資料より)
 
 
手術後個人の体調により車椅子で・・・・車椅子→歩行器→松葉杖→杖と
段階を経て各部屋から食事の場所ディルームへ移動・・・・
 
幸いにも術後順調で体力のある私は 歩行器→杖と1週間で卒業し
部屋内で膝を曲げる器械を装着し人工関節の膝を曲げる角度の練習に
取り組む。
 
 
イメージ 1
 
膝の曲げる角度が120度を基準に・・・・・・
リハビリ室のN先生に迎えられてリハビリ治療に入る。 
 
イメージ 2
 
2008年に左膝人工関節の時には男性ばかり3人の療法士のスタッフであったが
今は女性2人が増えて5人の療法士の先生になっていた。
私の担当は以前と同じN先生2007年の頃は独身であったと記憶していたが
今は1歳半の女の子を持つパパである。
以前と同じくソフトムードで優しい物腰で接していただき
ほっとしながらリハビリに励む決意。
 
器械でももあげ、股関節運動、自転車漕ぎをこなし、療法士の先生に
膝を曲げ筋を伸ばし筋肉を鍛えてもらい凝り固まっている膝をやわらげてもらい
痛みに耐えて・・・最後にウォーターベットで背中・腰・足先までのコリを
癒してもらいリハビリが終わる。
 
イメージ 5
 
 
家族に支えられ友人・知人に
たくさんの励ましを戴き
両膝を人工関節に置き換えて
桜が咲く頃には元気に歩く膝を確保したいと
念願しております。
 
イメージ 4
イメージ 3
 心からの感謝を込めて!ありがとうございました。

変形性膝関節症
関節の老化を基盤として、軟骨が磨り減ってくるのに伴い関節自体の変形も進行してくる疾患です。
この病気の場合、保存的治療(お薬、注射など)で症状の改善がなく、
日常生活に支障を及ぼす場合や、より高い生活活動を希望される場合に
手術を考えます。(病院の説明より)
 
十数年前から左膝に異常を感じて2008年7月人工膝関節の手術を
したのだが右ひざは大丈夫と・・・
しかし人間の身体は左右対称。左膝がシッカリしてきたら
右ひざが痛み出し、歩いてもバランスが悪くもうすこし旅行を
楽しみ生活活動をアクティブにしたいと・・・
悩みながらも両膝を人工関節に置き換える決心をした。
2008年に左膝でお世話になった評判の良いクリニックに入院。
 
スポーツするカラダとココロのクリニック
T整形外科クリニック
 
イメージ 4
このクリニックはわが家から至近距離であり院長が膝に関して
スペシャリストとして評判。
入院環境がとても良くベッド数は20床殆どが個室で4人の大部屋が1室だけ。
私のなによりもお気に入りがトイレ・・・
さすが整形外科・・どの部屋にも車椅子で入れるトイレが完備され、
各部屋に洗面台があり毎日シャワーが可能・・・
プロのお掃除の方が毎日きれいにしてくれる。
 
  画像左は手術前の右ひざ        画像右は人工関節に置き換えた右ひざ
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
人工膝関節置き換え術
手術の方法は、軟骨の壊れた程度や変形の具合によりいくつかありますが、現在の症状には人工関節置き換え術が最適と考えます。
具体的には損傷した関節の部分を削り、人工の器械を挿入し、
からだのなかに使えるセメントで固定します。
これにより膝の変形が矯正でき、痛みは手術前の10分の1から
10分の2程度に軽減するのが期待できます。
手術により膝の動きは椅子からの立ち上がり動作には支障の無いところまでは
可能と思いますが、お座りは難しいと予想しています。
手術のあとは数日程度で歩行訓練やリハビリを開始し、
3~4週間程度での退院をめざします。(病院の説明より)
 
合併症(起こりうる可能性のある問題)
     感染(ばい菌がつくこと)
もともと皮膚の表面にいる菌が手術の際に入ることが多いです。
抵抗力の弱い人、糖尿病などの疾患を持っているひとに起こりやすく、
2~3%の頻度
     深部静脈血栓症(血管の中で血が固まり、別の場所に流れて詰まること)
手術に伴い身体を動かせないことや、肥満などの条件で発生し、生死に関る重篤な症状を起こすこともあります。予防として空気式のポンプ・弾性ストッキングの使用、血栓予防の薬物注射を行います。
     器械の破損や緩み
現在の時点では、感染などのことがなければ15年程度は大丈夫と考えています。
     創(きず)周囲のこと
創(きず)のまわりのさわった感じが鈍かったり、寒いときに痛むことがありますが、時間とともに改善していくでしょう。
 
イメージ 5
手術が終わり麻酔からさめて痛み止めとカチカチに凍った
アイスノンの助けを借り心のこもった看護を受けて
乗り切った1週間・・・リハビリが本格化する。
 
イメージ 1
次回へ・・・・・

このページのトップヘ